年末に準備する元日掲載の記事で、よくあるのが旧年のことを「今年」などとしてしまうミス。作成時にはその通りなので、どうしてもうっかりしやすいのです。今回も何カ所かありましたが、見逃さないように丹念にチェックしました。

 

 

 

毎年のことなので、これまでもしばしば取り上げています。

 

さらに、年明けから3月末までは、年度の扱いを間違いやすくなります。2020年になっても3月末までは2019年度。気を付けたいところです。

 

今年も改めて、ミスのないように努めてまいります。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter