最近多い飲食店の「テイクアウト」は、毎日新聞では「テークアウト」。同様に「ギブ・アンド・テーク」「テークオフ」などと書きます。

 

原語で二重母音の「エイ、オウ」 は長音とみなすという原則に沿っており、他にはチェーン、レーン(車線)、オーダーメード、オーナー、ショーなどがあります。

例外はエイト、ステンレス、ペイント、メイド、メイフラワー、レイン(雨)、ノウハウなど。近年、お手伝いさんという意味の「メイド」のように、原則の「メード」から例外扱いに変更されたものもあり、「テイクアウト」も例外として使用する社も出てきているようです。

ちなみに英語では「take out」はあまり使われず、「take away」「to go」などと言うのが普通だそうです。

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter