「舞」と「舞い」は使い分けがあります。失敗を繰り返すという意味だと「二の舞い」。舞楽なら「二の舞」です。名詞は「舞」、動作を示す場合は「舞い」で、例えばフィギュアスケートの記事では「華麗な舞」などとなります。

 

 

また、「二の舞い」で「繰り返すこと」なので、「二の舞いを繰り返す」は不適切です。

 

使い分け
まい

舞い〔動作を示す場合に〕
大盤振る舞い、きりきり舞い、立ち居振る舞い、てんてこ舞い、二の舞い〈失敗を繰り返す〉、振る舞い酒、舞い上がる、舞い込む、舞い戻る

〔名詞の場合に〕
華麗な舞、幸若舞、獅子舞、仕舞、剣の舞、二の舞〈舞楽〉、舞扇、舞子、舞姫

 

直したい表現
二の舞いを繰り返す
→ 二の舞いを演ずる、二の舞いになる

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter