「聞く」と「聴く」は、きく態度で使い分けています。一般的には「聞」ですが、「きき入る」など注意深く耳を傾ける場合は「聴」を使います。

 

使い分け
きく

←(訊)〔一般用語〕
意見・考え・要求を聞く、うわさを聞く、聞き捨て、聞き取り調査、聞き流す、聞き逃す、聞き耳を立てる、聞き物、聞き漏らす、聞く耳持たぬ、香を聞く、立ち聞き、盗み聞き、話し声を聞く、胸の内を聞く、物音を聞く

〔限定用語。注意深く耳を傾ける〕
音楽・講義・国民の声などを聴く、聴き入る、事情を聴く、レコードを聴く

注:「聞」「聴」はきく態度によって使い分ける。どちらでもよいときはなるべく「聞」を使う

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter