「聞く」と「聴く」は、きく態度で使い分けています。一般的には「聞」ですが、「きき入る」など注意深く耳を傾ける場合は「聴」を使います。

 

使い分け
きく

←(訊)〔一般用語〕
意見・考え・要求を聞く、うわさを聞く、聞き捨て、聞き取り調査、聞き流す、聞き逃す、聞き耳を立てる、聞き物、聞き漏らす、聞く耳持たぬ、香を聞く、立ち聞き、盗み聞き、話し声を聞く、胸の内を聞く、物音を聞く

〔限定用語。注意深く耳を傾ける〕
音楽・講義・国民の声などを聴く、聴き入る、事情を聴く、レコードを聴く

注:「聞」「聴」はきく態度によって使い分ける。どちらでもよいときはなるべく「聞」を使う

フォローすると最新情報が届きます

Twitter