一人称の「僕(ぼく)」。「同等以下の相手に対して男性が使う」といった説明が一般的ですが、岩波国語辞典8版では「近年は時に目上に対しても使う」と注記が。また「仲間うちや目下に対し「ぼく」より「おれ」を使う人が多い」とも。みなさんはどう感じますか? #岩国8

 

 

前の版と比べると、それぞれの意味の説明も微妙に変わっています。「俺」の「▽注記(さんかくちゅうき)」では「明治時代ごろまでは、女が使うこともあった」。

 

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter