「買い食い」は「買って食うこと」だったのが「買って食べること」に。岩波国語辞典では、主語が人間の場合、語釈の「食う」が8版で「食べる」になりました。元々は普通の言い方だった「食う」ですが、今ではぞんざいな感じが強いためでしょう。 #岩国8

 

 

明鏡国語辞典は「食う」について、「一般的な言い方として使われてきたが、粗野な感じを伴うようになり、また敬語化もできず、『食べる』に取って代わられる傾向にある」と説明しています。

明鏡2版

 

実際、「食う」を「食べる」と言おうとする流れは強く、「食い合わせ」のような表現でも「食べ合わせ」という人が増えているようです。

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter