値段が「つり上がる」の「つり」。マグロの競りの話なので、ついつい「釣り」に「つられ」そうですが、値段は「釣る」というよりも「吊る」(=上へと引っ張る)もの。「吊」は常用漢字でないので、新聞では「つり上がる」と表記しています。

 

また「つり天井」「つり花」など「釣」「吊」両方の表記があるものについても、毎日新聞では仮名書きにしています。

 

使い分け
つり・つる

釣り・釣る〔魚などをつる、誘い込む〕
甘言で釣り出す、大魚の釣り手、大魚を釣り上げる、釣り合い、釣り糸、釣り鐘、釣具店、釣り込まれる、釣り師、釣り銭、釣り道具、釣り船・舟、釣り堀

つり・つる←(吊、攣)〔ぶら下げる、引っ張る、引きつる〕
足の筋がつる、蚊帳のつり手、宙づり、つり革、つり出し〈相撲〉、つり橋、つり輪、天井からつる、値・相場をつり上げる、目をつり上げる

注:「つり天井」「つり花」など「釣・吊」の両方あるものは仮名書き

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter