国際協定違反を「おかす」。この言葉は、犯、侵、冒、どの字を使うかいつも悩みます。「冒す」は主に「危険や困難を覚悟のうえで、あえてする」(大辞泉)。この場合は主に「法律・規則・倫理などに反した行為をする」(同)の「犯す」が適切でしょう。

 

「侵す」は大辞泉では「他者の権利・権限などを損なう行為をする」などと説明されています。

 

使い分け
おかす

〔罪、過ちなどを〕
過ちを犯す、犯した罪の償い、法を犯す

〔侵害〕
学問の自由が侵される、権利を侵す、国境を侵す、病魔に侵される、プライバシーを侵す

〔あえてする、けがす〕
面を冒していさめる、危険を冒す、尊厳を冒す、風雨を冒して

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter