「かたい」ニュースを「やわらかく」伝える。こういう時は「硬」と「軟」を使います。「軟らかい」は文化審議会の報告「異字同訓の使い分け例」で、「緊張や硬さがない」などと説明されています。ちなみに新聞社では政治・経済などの面を硬派、社会面などを軟派と呼びます。

 

「異字同訓の使い分け例」では「柔らかい」を「ふんわりしている。しなやかである。穏やかである」とし、「軟らかい」は「硬い」の対語で「手応えや歯応えがない。緊張や硬さがない」と説明しています。

また、広辞苑は「『柔』は、力を加えて変形しても元に戻る場合、『軟』は、力を加えると変形しやすく元に戻らない場合によく使う」としています。

 

使い分け
やわらか・やわらかい

〔剛の対語〕
お手柔らか、身のこなしが柔らかい、物柔らかな態度、柔らかい皮・茎・果物・布地・葉・実・芽、柔らかな心、柔らかな手触り、柔らかな光、柔らかな日差し、柔らかな表情

〔硬の対語〕
大根を軟らかく煮る、土質が軟らかい、文章が軟らかい、軟らかい炭、軟らかい話、軟らかい木材

 

「かたい」の使い分けについてはこちらで解説しています。

 

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter