「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱るチコちゃんのせりふは、なぜ「っ」が平仮名なのでしょう。同様の表記を最近よく見ますが、「ぼーっと」「ひやっと」などはカタカナを使うなら「ボーッと」「ヒヤッと」と書くべきではないでしょうか。基本的には直しています。
各種の辞書などを参照しても、「ボーっと」のような用例は見つかりません。

NHKに聞くと、チコちゃんの言い方の感覚を大切にして文字を製作したとのことですが、なぜ「っ」が平仮名になるのかは分かりませんでした。

同様の書き方は特にネット記事で多いようで、テレビなどにも広がってきています。いったいどういう「感覚」なのでしょう。今こそ全ての日本国民に問いたいところです。

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter