「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱るチコちゃんのせりふは、なぜ「っ」が平仮名なのでしょう。同様の表記を最近よく見ますが、「ぼーっと」「ひやっと」などはカタカナを使うなら「ボーッと」「ヒヤッと」と書くべきではないでしょうか。基本的には直しています。
各種の辞書などを参照しても、「ボーっと」のような用例は見つかりません。

NHKに聞くと、チコちゃんの言い方の感覚を大切にして文字を製作したとのことですが、なぜ「っ」が平仮名になるのかは分かりませんでした。

同様の書き方は特にネット記事で多いようで、テレビなどにも広がってきています。いったいどういう「感覚」なのでしょう。今こそ全ての日本国民に問いたいところです。

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter