「保証」は「まちがいなく大丈夫であるとうけあうこと。まちがいが生じたら責任をとると、約束すること」(大辞林)。この場合は「立場・権利などが侵されないように守る」という意味の「保障」が合います。「補償」も含め、「ほしょう」の使い分けはなかなか複雑です。

 

使い分け
ほしょう

保証〔請け合う、損害の責めを負う〕
命の保証はない、債務保証、…という保証はない、品質の保証、保証金、保証責任、保証人、身元保証、連帯保証

保障〔立場・権利などが侵されないように守る〕
安全保障、権利保障、言論の自由を保障する、社会保障、人権を保障する、身分保障、老後の生活を保障する

補償〔損害などを補い償う〕
遺族補償、刑事補償、災害補償、損害補償

:「自動車損害賠償保障法」など固有名詞に注意

 

関連して「所得ほしょう」も字によって意味が変わります。

 

使い分け
しょとくほしょう

所得保障〔社会保障制度の一部門。年金・児童手当・生活保護などの現金給付〕

所得補償〔山間部など条件が不利な営農者に対する金銭補償、損害保険の「所得補償保険」など〕

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter