「保証」は「まちがいなく大丈夫であるとうけあうこと。まちがいが生じたら責任をとると、約束すること」(大辞林)。この場合は「立場・権利などが侵されないように守る」という意味の「保障」が合います。「補償」も含め、「ほしょう」の使い分けはなかなか複雑です。

 

使い分け
ほしょう

保証〔請け合う、損害の責めを負う〕
命の保証はない、債務保証、…という保証はない、品質の保証、保証金、保証責任、保証人、身元保証、連帯保証

保障〔立場・権利などが侵されないように守る〕
安全保障、権利保障、言論の自由を保障する、社会保障、人権を保障する、身分保障、老後の生活を保障する

補償〔損害などを補い償う〕
遺族補償、刑事補償、災害補償、損害補償

:「自動車損害賠償保障法」など固有名詞に注意

 

関連して「所得ほしょう」も字によって意味が変わります。

 

使い分け
しょとくほしょう

所得保障〔社会保障制度の一部門。年金・児童手当・生活保護などの現金給付〕

所得補償〔山間部など条件が不利な営農者に対する金銭補償、損害保険の「所得補償保険」など〕

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter