よくある「消火」と「消化」の変換ミス。大きな字の「消化栓」には修正が入っていたものの……。たまたま見かけた掲示ですが、1カ所直したと思ったらまだ間違いがあった、という校閲泣かせの例だと思いました。

 

もう1カ所は、「消火栓」ならぬ「消化電」。こちらは2文字違っていて、もはやなんだか分かりませんが、キーボードの「s」と「d」が隣り合っているためのタイプミスが変換ミスに加わったのでしょうか。

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter