「たなびく」とは「雲・けむり・かすみなどが、横に長く引く」(三省堂国語辞典7版)ことで、形のないものに使われるイメージがあります。旗には「はためく」や「なびく」を使う方がふさわしそうです。

 

「たなびく」

 

「はためく」は、「布や紙などが風に吹かれてはたはたと動く」(大辞泉)という意味で、古くは「鳴り響く、響き渡る」という意味の用例もあります。同辞書などによれば、この「はた」は擬音語で、「ばためく」とも言ったようです。

「はためく」

 

軽く風を受けているような感じであれば、「草や布などの先端が風や水の流れに従って横に傾き伏す」(大辞林)という意味の「なびく」も旗に使えそうです。「相手の威力に引き寄せられて、従う」(同)という意味でもよく使われる言葉です。

「なびく」

 

マスコミ各社の用語担当者の間でも、「旗がたなびく」は「直す」という意見が多数でした。

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter