近年は外国人が多い印象のサッカー日本代表監督。ハリルホジッチ氏から西野朗氏に交代してワールドカップを戦い、森保一氏にバトンを渡しました。日本人監督が続くのは約20年ぶりのことです。ハリルホジッチ氏は「前の前」なので「前監督」ではなく「元監督」になります。

 

スポーツだけでなく閣僚や会社役員など人の肩書につく「前」や「元」は注意が必要です。

「元」は「前」も含むもので意味が広いのですが、新聞では、後任者が現職にあるとき、または後任者がいない場合には「前」とし、「前」と「元」の使い分けをするのが基本です。

ただし、「副知事」「(副法相と副防衛相を除く)副大臣」「副社長」のように、同時に複数の人物が務めている役職の場合は、直接の後任者が特定できず前任・後任の対応関係がはっきりしないため、辞めた直後から「前」を使わず「元」としています。

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter