近年は外国人が多い印象のサッカー日本代表監督。ハリルホジッチ氏から西野朗氏に交代してワールドカップを戦い、森保一氏にバトンを渡しました。日本人監督が続くのは約20年ぶりのことです。ハリルホジッチ氏は「前の前」なので「前監督」ではなく「元監督」になります。

 

スポーツだけでなく閣僚や会社役員など人の肩書につく「前」や「元」は注意が必要です。

「元」は「前」も含むもので意味が広いのですが、新聞では、後任者が現職にあるとき、または後任者がいない場合には「前」とし、「前」と「元」の使い分けをするのが基本です。

ただし、「副知事」「(副法相と副防衛相を除く)副大臣」「副社長」のように、同時に複数の人物が務めている役職の場合は、直接の後任者が特定できず前任・後任の対応関係がはっきりしないため、辞めた直後から「前」を使わず「元」としています。

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter