「煙」などは「たちこめる」のですが、「暗雲」は「たれこめる」が慣用。「立ち込める」はあたり一面を覆うことなので通じそうですが、雲なら上空から垂れてくるということでしょう。

 

「垂れこめる」は辞書で示されているのもほとんどが「雲など」。古くは、すだれやとばりをたれて部屋にこもるという意味で使われました。

 

直したい表現
「暗雲が立ち込める」

→○「暗雲が垂れこめる」

 

「立ち込める」は煙、霧、霞(かすみ)、もやなどがあたり一面を覆うこと。大辞泉は「甘い香りが立ち込める」という用例も示しています。

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter