「煙」などは「たちこめる」のですが、「暗雲」は「たれこめる」が慣用。「立ち込める」はあたり一面を覆うことなので通じそうですが、雲なら上空から垂れてくるということでしょう。

 

「垂れこめる」は辞書で示されているのもほとんどが「雲など」。古くは、すだれやとばりをたれて部屋にこもるという意味で使われました。

 

直したい表現
「暗雲が立ち込める」

→○「暗雲が垂れこめる」

 

「立ち込める」は煙、霧、霞(かすみ)、もやなどがあたり一面を覆うこと。大辞泉は「甘い香りが立ち込める」という用例も示しています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter