「かたい握手」は堅か固か硬か。広辞苑によると「『堅い』は『もろい』の対語といった趣で人や物の性質に、『硬い』は『軟らかい』の対語として物の状態や人の態度に使うことが多い」。「『ゆるい』の対語といった趣で広く一般に使う」という「固い」が自然に感じます。

 

 

使い分け
かたい

〔確固、固形〕 
頭が固い、固い握手、固い絆、固い約束、固い友情、固織り、固く戒める、固くお断りする、固く握り締める、(約束を)固く守る、固練り、固太り、財布のひもが固い、辞意が固い、地盤が固い、団結が固い、ツボミが固い

〔堅実〕 
お堅い、織り目が堅い、ガードが堅い、堅い材木、堅い守り、堅気、堅苦しい、堅炭、堅物、義理堅い、口が堅い、合格は堅い、底堅い動き、手堅い商売、100人は堅い、守りが堅い

〔軟の対語〕
硬い石、硬い氷、硬い土、硬い皮革、硬い皮膚、硬い文章、硬い飯、硬さがほぐれる、選手が硬くなる、態度が硬い、布地が硬い、話が硬い、表情が硬い、骨が硬い

 

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter