メーデーで「働く者の処遇改善などを訴えた」。「者」も「人」の意味ですが「卑下・軽視する場合や、改まった場合に用いられる」(大辞泉)。特別な語感があるので、一般的にいう時には「人」の方が自然でしょう。

 

「者」について、多くの辞書が同様に説明していましたが、新明解国語辞典の語釈は独特です。

新明解国語辞典7版

 

冒頭に挙げた部分は、後段の主催者側あいさつの中に「働く者の幸せと産業、企業の発展を目指していこう」というくだりがあったため、それに引っ張られたとも思えましたが、記事の地の文としてはやはりやや違和感があります。

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter