「ブドウを発酵させてつくる蒸留酒」は「作る」か「造る」か。大辞泉によると「一般的には『作る』が用いられ、『造る』は家や船など大きなものをつくること、また、酒を仕込むことに用いられる」。

原料から酒を醸造する場合は「造る」とし、カクテルなどをつくる場合は「作る」がよいかと思います。

 

使い分け
つくる

〔一般用語。こしらえる、主として規模の小さいものに〕
生き作り・生け作り、形作る、規則を作る、記録を作る、米作り、鮮魚を刺し身に作る〈刺し身は「お造り」とも〉、作り話、作り笑い、罪作り、手作り、人形を作る、文を作る

〔醸造、造成、営む。主として規模の大きいものに〕
石造り、国造り、財産造り、酒を造る、数寄屋造り、宅地を造る、造り酒屋、庭園を造る、荷造り、船を造る、みそを造る、寄せ木造り

〔限定用語。創造、独創を強調する場合〕 
新しい文化を創る

 

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter