「ご結婚される」のような「ご○○される」という言い方は、敬語として不適切とされています。「ご」をつけず「結婚される」にするか、「ご」を使う場合は「ご結婚なさる」などの形がよいでしょう。

 


「ご○○される」(または「お○○される」)にはなぜ問題があるのか。

「ご○○する」「お○○する」という言い方が「ご説明する」「お話しする」などのように使う謙譲表現の形であるためといわれています。

そこに、例えば「結婚する」「出席する」のような、敬意を表す相手の動作を入れて、尊敬の助動詞「れる」をつなげるのは、違和感があるというわけです。

三省堂国語辞典7版(赤線は引用者)

 

三省堂国語辞典7版では「ご退職される」を「あやまり」と例示しています。

また、明鏡国語辞典2版の「される」の項には「注意」があり、「ご説明される」「お話しされる」を例に挙げて、〈助詞「を」を入れたり、「お[ご]…になる」る、「お[ご]…なさる」を使うのが適切〉としています。

明鏡国語辞典2版「される」より

 

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter