トランプ大統領が米国企業の「海外移転」を阻止。といってもメキシコへの計画だったので「海外」とはいえませんでした。日本では「国外」の意味で「海外」を使うので、ある国からみて海を隔てていない外国を「海外」と書いてしまう事例がしばしば見られます。

 

英語のoverseasにも「外国」という意味がありますが、米国ではやはり陸続きのカナダ、メキシコには使わないそうです。

アメリカとメキシコの国境沿い(右はティフアナで左がサンディエゴ)

 

前にも中国の話で、特定の国を示していたわけではありませんが、外国という意味で「海外」が使われていたことがありました。中国からみて海を隔てた国というと、だいぶ限られてしまいます。

「海外」は使われ方に敏感でいたい言葉の一つです。

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter