1~3月の記事で「来年度」と出てきた場合、具体的に何年のことを指すのか確認が必要です。2019年1~3月は学校などで使われる年度でいうと18年度。来年は20年ですが来年度は4月からの19年度のことを指すというややこしい時期になっています。

 

2019年1~3月からみると……
来年  2020年1~12月

来年度 2019年4月~2020年3月

 

この記事は学校の創立年から計算し、20年4月で110周年とわかったので、「来年」と直りました。

 

ちなみに、国の会計年度は各国で異なります。日本では財政法第11条で4月1日から翌年3月31日までとされており、19年4月からの予算は19年度予算などといいます。

一方、米国の会計年度は10月から翌年9月までで、19年10月からの年度は後ろの年数をとって20会計年度というので、これもまた非常にややこしいということを、頭の片隅に置いていただけたらと思います。

 

会計年度の例
日本 2019年度   2019年4月~2020年3月

米国 2020会計年度 2019年10月~2020年9月

 

スポンサーリンク

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ