就活に関連して鉄道は「淡々と毎日が過ぎる方がいい仕事」とありましたが、「淡々」は、あっさりしている様子なので、無事・平凡なことを意味する「坦々」(常用漢字外なので新聞はひらがな)がふさわしいでしょう。

校閲も事故なく坦々と過ぎてほしい仕事だと思います。

 

使い分け
たんたん

淡々〔あっさり〕 
淡々と語る、淡々とした態度

たんたん←(坦々)〔平ら、無事・平凡〕
たんたんとした人生、たんたんとした道

 

校閲者は、どちらかというと淡々とした人が多いと思われるかもしれませんが、納得がいくまで調べ抜くしつこさも大切です。

ところで「坦々」といえば、「担々麺」とあるべきところが「坦々麺」になっているのをよく見かけます。

 

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter