「夜が明ける」と同じく「旧年が明けて、新しい年になる」というのが「明ける」の一般的な使い方と考えると、「新しい年が明けた」というのは違和感が強いです。「新しい年を迎えた」としました。

関連記事→「新年明けまして」問題https://mainichi-kotoba.jp/blog-20171216

スポンサーリンク

twitter

過去記事から