「佳境」の本来の意味は「興味を感じさせる場面」「景色のよい所」(大辞泉)。最近は「しめ縄作りが佳境を迎え」のように、ヤマ場、最盛期の意味で使われることが多いようです。毎日新聞では、単なるヤマ場の意味では使わないようにしています。「しめ縄作りがピークを迎え」としました。

スポンサーリンク

twitter

おすすめ