「べき」は文語の助動詞「べし」の連体形なので、普通の文章で「べき」で文を終えると文法的におかしくなります。

終止形の「べし」か、「べし」では硬く感じるときは「べきだ」「べきです」などとしています。

 

直したい表現
…べき。→…べきだ。

「べき」は「べし」の連体形で、終止形ではないから、文をこの形で止めるのは避ける。

「べし」ならよいが文語なので「べきだ」「べきである」とするのが望ましい

フォローすると最新情報が届きます

Twitter