「べき」は文語の助動詞「べし」の連体形なので、普通の文章で「べき」で文を終えると文法的におかしくなります。

終止形の「べし」か、「べし」では硬く感じるときは「べきだ」「べきです」などとしています。

 

直したい表現
…べき。→…べきだ。

「べき」は「べし」の連体形で、終止形ではないから、文をこの形で止めるのは避ける。

「べし」ならよいが文語なので「べきだ」「べきである」とするのが望ましい

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter