足を「のばす」。屈伸の時のように実際に足を「まっすぐにする」場合は「伸ばす」ですが、「そこまで行く」という意味なら「延ばす」。「伸」と「延」は使い分けに迷うときも少なくありません。

 

例えば、行列は「延びる」。

「伸びる」は、縮むの対語で、「延びる」は延長、広がる、時間を引き延ばす、遅れるなどの意味で使い分けます。

決めかねるケースは仮名書きでよいことにしています。

 

使い分け
のばす・のびる・のべる

〔縮の対語。背のびする、まっすぐになる〕
売り上げが伸びる、絵の具・クリームを伸ばす、学力が伸びる、髪を伸ばす、記録を伸ばす、草木が伸びる、ぐったり伸びる、経済の伸び率、才能を伸ばす、差し伸べる、身長が伸びる、救いの手を伸べる、勢力を伸ばす、捜査の手が伸びる、手足を伸ばす、手を伸べて助け起こす、伸びたそば、伸び縮み、伸び悩み、伸び伸びと育つ、日脚が伸びる、飛距離を伸ばす

〔延長。広がる、時間を引きのばす、遅れる〕
落ち延びる、開会を延ばす、会期が延びる、行列が延びる、航空路が延びる、出発を延ばす、寿命が延びる、地下鉄が郊外に延びる、手延べそうめん、遠くまで足を延ばす、日限が延びる、延び延びになる、延べ板、延べ金、延べ人員、延べ坪、延べ払い、延べ棒、梅雨前線が延びる、間延び、麺棒で延ばす

(注)使い分けに迷う場合は仮名書き

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter