広島市にあるのは平和「記念」公園ですが、沖縄県糸満市にあるのは平和「祈念」公園。一方、平和「祈念」像があることで有名な長崎市の公園は「平和公園」です。第二次世界大戦の犠牲者を追悼する施設は全国にありますが、「記念」と「祈念」は注意が必要です。

 

長崎は「平和公園」

 

また、原爆の日に開かれる式典名は、広島では平和「記念」式典、長崎では平和「祈念」式典となっています。

広島は平和「記念」式典

 

いずれも「先の大戦を『記念』して平和を『祈念』する」という思いは共通していますが、固有名詞ゆえ「書き換え」を見逃してしまったらアウト。「キネン」と出てきたら一度立ち止まり、どちらが正しい表記か確認するようにしています。

長崎の「平和祈念像」

 

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter