これは国政選挙前の定番。公職選挙法では、衆議院の総選挙と参議院の通常選挙の施行の通知を「公示」、地方自治体の首長や議員などのその他の選挙は「告示」といいます。

 

衆議院の総選挙と参議院の通常選挙だけが「公示」で、それ以外は衆参の補選や再選挙、衆院選と一緒に行われる最高裁判所裁判官国民審査を含め「告示」、と覚えておけば分かりやすいでしょう。

 

公示 
一般には公機関の行う公表で、告示と同義。公選法では、衆議院議員の総選挙、参議院議員の通常選挙の施行の通知を公示という。

告示
衆議院議員、参議院議員の再選挙または補欠選挙、都道府県議会の議員と知事、市区町村議会の議員と市区町村長の選挙、最高裁判所裁判官国民審査の場合は告示という。外国の選挙には全て告示を使う。

 

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter