「晩年」とは人の一生の終わりの時期。その後も人生が続くスポーツ選手の現役期の終わりなどを表すのはふさわしくなく、そのような使い方は避けています。この場合は「引退間近になって」となりました。

 

 

「かなりの年数は生きた一生の末の、死に近づいた時期」(岩波国語辞典8版)や「相応の人生経験を積んだ人がなくなる前の数年間〔中高年に達しない物故者の生涯について回顧するときにはあまり用いない〕」(新明解国語辞典7版)など、若年者に対しては使いにくい言葉と示している辞書もあります。

 

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter