「水の匂い」か「水の臭い」か。いい「におい」は「匂い」、不快な場合は「臭い」と使い分けます。やはり取り除くなら「いいにおい」ではないですね。

 

どちらか判別しづらい場合や「ほのめかす」などの意味の場合は、ひらがなで書くことにしています。

 

使い分け
におい・におう

〔主によいにおい〕
梅の花の匂い、香水がほのかに匂う

〔主に不快なにおい〕
魚の腐った臭い、生ごみが臭う

注:「辞任・出馬の意向をにおわす」など「ほのめかす」意味で用いる場合や「強い香水・たばこのにおい」など、よい香りか不快なにおいかが判別できない場合、「臭(くさ)いにおい」など漢字書きでは紛らわしい場合は仮名書き

フォローすると最新情報が届きます

Twitter