「水の匂い」か「水の臭い」か。いい「におい」は「匂い」、不快な場合は「臭い」と使い分けます。やはり取り除くなら「いいにおい」ではないですね。

 

どちらか判別しづらい場合や「ほのめかす」などの意味の場合は、ひらがなで書くことにしています。

 

使い分け
におい・におう

〔主によいにおい〕
梅の花の匂い、香水がほのかに匂う

〔主に不快なにおい〕
魚の腐った臭い、生ごみが臭う

注:「辞任・出馬の意向をにおわす」など「ほのめかす」意味で用いる場合や「強い香水・たばこのにおい」など、よい香りか不快なにおいかが判別できない場合、「臭(くさ)いにおい」など漢字書きでは紛らわしい場合は仮名書き

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter