主に「形」はフォーム、「型」はタイプ、と分けています。「原型」は<出来上がりの元になる型>、「原形」なら<もとの形>という使い分けになります。

 

使い分け
げんけい

原形〔もとの形、原始の形〕
原形質、原形をとどめない

原型〔出来上がりのもととなる型〕
鋳物の原型

フォローすると最新情報が届きます

Twitter