動詞「憂う」は文語形なので、現代語としてなるべく口語形の「憂える」を使います。連用形でも「憂いた、憂いて」ではなく「憂えた、憂えて」などになります。

スポンサーリンク

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ