「さがす」の使い分け。「探す」は職や家など主に欲しいものをさがす場合、「捜す」は紛失物や不明者など主に見えなくなったものをさがす時に使っています。

 

使い分け
さがす

〔主として見えなくなったものをさがす〕
家出人を捜す、家族を捜し求める、犯人を捜す、紛失物を捜す、家(や)捜し、行方不明者を捜す

〔主として欲しいものをさがす〕
あら探し、獲物を探す、貸家を探す、探し物、職を探す、宝探し、父の面影を探す、平和を探し求める、嫁・婿探し

注:このほか「店でぴったりの手袋を探す」「なくした手袋を捜す」、「行方不明の人を捜す」「働いてくれる人を探す」などと実情に応じて使い分ける

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter