これは“お約束”。字形が似ている「萩」(はぎ)と「荻」(おぎ)は、人名でもよく出てきますが、頻繁に混同されるので必ず意識しなくてはなりません。

 

植物名としては、「荻」はイネ科の多年草。ススキによく似ていて秋に白い花穂が出ます。

 

一方、「萩」はマメ科ハギ属の総称。夏から秋に紅紫や白い花を咲かせます。

スポンサーリンク

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ