「するべき」と「すべき」は、どちらも誤りではありませんが、「べき」は文語の助動詞「べし」の連体形なので、なるべく口語形の「する」より文語形の「す」に続け「すべき」としています。

 

ちなみに「・・・べき」は文の終え方でも気をつけたい点があります。

スポンサーリンク

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ