「するべき」と「すべき」は、どちらも誤りではありませんが、「べき」は文語の助動詞「べし」の連体形なので、なるべく口語形の「する」より文語形の「す」に続け「すべき」としています。

 

ちなみに「・・・べき」は文の終え方でも気をつけたい点があります。

 

毎日新聞用語集2020年版

全文検索ができる唯一の表記ハンドブック、毎日新聞用語集を発売しました。

適切な用字用語を一瞬で探せるのはもちろん、紛らわしい言葉などを集め、校閲者が常識にする雑学的知識も学べるよう工夫しています。

Amazon Kindleで990円、unlimited会員なら無料読み放題です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter