迷うときもある「痕」と「跡」の使い分け。新聞では、主に人体のくっきり残ったあとや「爪痕」「傷痕」などを「痕」、「足跡」「苦心の跡」「建物の跡」などは「跡」としています。

twitter

過去記事から