日本では陸上競技などで「ゴール」という表現も使われますが、公式ルールに合わせ「フィニッシュ」と書くことが多くなりました。

「トライアスロン基本用語」(日本トライアスロン連合=JTU)によると「ゴールという呼称は使わない」とされています。

トライアスロンはスイム(水泳)・バイク(自転車)・ラン(ランニング)の3種目を順に行い、所要時間を争う競技。鉄人(アイアンマン)レースとも呼ばれます。

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter