「てあて」の使い分けで、「手当」は「家族手当」など金銭の場合です。治療・対策などの場合は送りがなをつけた「手当て」で「傷の手当て」「手当てする」など。

twitter

過去記事から