「てあて」の使い分けで、「手当」は「家族手当」など金銭の場合です。治療・対策などの場合は送りがなをつけた「手当て」で「傷の手当て」「手当てする」など。

 

使い分け
てあて

手当て〔治療、対策など〕
応急手当て、傷の手当て、資金の手当て、手当てする

手当〔金銭〕
家族手当、年末手当

スポンサーリンク

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ