「しゅぎょう」の使い分け。

「修行」は「修行僧」「武者修行」など仏法や武道などを修める場合で、職業・技芸・学問など一般的な意味では「修業」としています。

 

使い分け
しゅぎょう

修業〔一般用語。学問・技芸・職業などを修める〕
板前修業、2軍で修業し直す、花嫁修業、文章修業
(注)「修業証書」「修業課程」の修業は「しゅうぎょう」

修行〔仏法・武道などを修める、巡礼する〕
学問の修行〈古風な表現として〉、修行僧、諸国修行、仏法修行、武者修行

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter