里芋菊蒔絵重箱(柴田是真、メトロポリタン美術館蔵)

 

「重箱の隅をつつくような」と、やゆされることもある校閲業ですが、この表現、辞書の見出しは「重箱の隅を楊枝(ようじ)でほじくる」。「つつく」はむしろソフトな言い方だったんですね。(下の写真は大辞泉2版)

もっとも、いずれにせよ意味は「非常に細かいことまで問題にして、口うるさく言うことのたとえ」ですが……

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter