「戦い」と「闘い」。勝ち負けや優劣を競うものは「戦」を使うので、選挙は「戦い」です。一方、困難などに打ち勝とうとするなどの場合は「闘い」。例えば「自分とのたたかい」は、「闘」が合います。

 

 

「漢字の使い分けときあかし辞典」(円満字二郎・研究社)は、「戦」は結果、「闘」は状態に重点があると説明しています。

 

使い分け
たたかう

〔戦争・勝負・競技、競争相手と優劣を競う〕
意見を戦わせる、源平の戦い、言論の戦い、選挙で戦う、戦わずして勝つ、投手と打者の戦い

〔闘争・格闘。利害・主張の対立で争う。困難などに打ち勝とうと努める〕
基地返還の闘い、時間との闘い、自然との闘い、精神と肉体との闘い、病魔との闘い、暴漢と闘う、要求を闘い取る、労使の闘い

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter