伝説の鳥「鳳凰」(ほうおう)の「鳳」と「凰」はそれぞれ雄と雌でもありますが、混同しやすいので目を凝らさなくてはなりません。
「おおとり」という訓読みがあり単独で使われることが多いのは「鳳」(ホウ)の方です。

スポンサーリンク

twitter

過去記事から