伝説の鳥「鳳凰」(ほうおう)の「鳳」と「凰」はそれぞれ雄と雌でもありますが、混同しやすいので目を凝らさなくてはなりません。

「おおとり」という訓読みがあり単独で使われることが多いのは「鳳」(ホウ)の方です。

ちなみに女優の土田太鳳(たお)さんの「鳳」も、「凰」(オウ)ではありません。「太鳳」は本名で、出生時は人名用漢字に「凰」が入っておらず、名づけに使えなかったためだそうです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter