「利用しずらい」は「利用しづらい」に直します。「つらい(辛い)」が濁音の形で動詞についたものなので「づ」というわけです。「~することが困難だ」という意味では「~にくい」も使いますが、「~づらい」と違いはあるでしょうか。#明鏡 国語辞典が詳しく説明しています。

 

 

明鏡国語辞典には「にくい(難い)」の項目にこのような説明が書いてあります。

明鏡3版「にくい」の一部

 

「~づらい」の方は非意図的な動作や客観的な困難さには使いにくいというのです。

この原稿の場合はどうでしょう。グーグル側の障害のせいなので「~にくい」の方がよかったかもしれません。

ただ、「~にくい」が使われやすいとされる場合にも「~づらい」が用いられることは増えており、違いが薄れてきている面はありそうです。

三省堂国語辞典7版

 

言葉の変化を敏感に取り入れる三省堂国語辞典では7版(13年)で、「-づらい」の項目に「②『にくい(造語)』の新しい言い方」が入り、「手にはいりづらい」など、非意図的な動作の用例も挙げています。

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter