読めますか? テーマは〈書体〉です。

スポンサーリンク

明朝体

答え
みんちょうたい
(正解率 89%)

書籍などの印刷物で広く用いられている書体。漢字の縦線が太く、横線が細い。また横線の右端に「ウロコ」と呼ばれる▲の形がある。毎日新聞の紙面でも見出しや写真説明以外は基本的に明朝体だ。きょうは文字・活字文化の日で、きょうから読書週間。

(2014年10月27日)

選択肢と回答割合

みょうちょうたい 11%
みんちょうたい 89%
めいちょうたい 1%


飛白体

答え
ひはくたい
(正解率 49%)

漢字の書体の一つ。はけで書いた、かすれのある字。日本では空海の装飾性豊かな書が知られる。筆画のあいだに鳥や獣の略画を入れるという奇抜なこともやった(司馬遼太郎「空海の風景」)。今年は空海の四国霊場開創1200年。

(2014年10月28日)

選択肢と回答割合

かすれたい 15%
ひはくたい 49%
ひびゃくたい 36%


大字の壱

答え
だいじのいち
(正解率 45%)

大字とは一、二、三などの数字に代わり書かれる壱、弐、参などの字。後で金額などを改ざんされるのを防ぐために用いる。なお1万円札にある「壱万円」などの字は隷書(れいしょ)体という書体だ。

(2014年10月29日)

選択肢と回答割合

おおじのいち 26%
たいじのいち 29%
だいじのいち 45%


篆書体

答え
てんしょたい
(正解率 86%)

隷書や楷書の基になった書体。日銀発行のお札の表(肖像のある方)に、赤い○の中に赤字で「総裁之印(そうさいのいん)」と印刷されているのが篆書体。他に印鑑などで使われている。

(2014年10月30日)

選択肢と回答割合

ごうしょたい 4%
ぞうしょたい 9%
てんしょたい 86%


籀文

答え
ちゅうぶん
(正解率 30%)

篆書の一種で、現在の一般的な篆書である小篆に対し大篆ともいう。史籀という人がつくったとされる。毎日新聞の前身、東京日日新聞の創刊時(1872年)の題字の「日日」は「□の中に鳥」「□の中に正」という字になっている。これが籀文。

(2014年10月31日)

選択肢と回答割合

かんぶん 8%
ちゅうぶん 30%
りゅうぶん 62%


◇結果とテーマの解説

(2014年11月09日)

この週は「書体」。読書週間であることと、週の初めが「文字・活字文化の日」であることからこのテーマになりました。

最も正解率が低かったのは「籀文」。これはよほど漢字に詳しい人でないと知らない難問ではないでしょうか。

出題者がこの字を知ったのは1872年の「東京日日新聞」(毎日新聞の前身)第1号の題字からです。「日日」とはとても読めない「口の中に鳥」「口の中に正」の字(写真、右から)。諸橋大漢和辞典くらいにしか載っていない字です。毎日新聞社130年の社史「『毎日』の3世紀」によると《「京」と「日日」は画数の多い籀文(書体の一種)である》。

ここを読んですぐ財布からお札を出しました。《中央の透かし彫りの左下に朱の印がある。奇妙な文字と思われるだろうが、印の中に上下二文字二列に並んでいるのが篆書で、楷書に直せば「総裁之印」となる》

そして南さんは隷書の説明に移ります。《お札の左側に印刷してある「日本銀行券」「壱万円」「千円」の文字が隷書。私たちが現在使っている文字とほとんど変わらなくなっている》《篆書に隷属する臣下用の文字というわけだろう》

そういえば自宅の表札をつくるとき、いろいろな書体のサンプルを見せられましたが、その中に隷書がありました。しかし選んだのは明朝体。やはり現在の印刷の基本の文字が一番だと思ったのです。

その「明朝体」の正解率は今回最も高いのですが、もっと高い数字を予想していました。校閲、校正や編集の人には普段の仕事で使う語ですが、それ以外の一般読者は通常目にしない言葉かもしれません。

ちなみに毎日新聞で使う書体を手掛けた小塚昌彦さんは、退社後もデジタルフォントに携わり、その明朝体は「小塚明朝」として有名です。

なんだか今回手前みその話ばかりになりました。最後も宣伝です。このたび「毎日新聞用語集」を電子書籍として発売しました。実はこれまで市販されていた旧版は凸版印刷の活字を使っており、毎日新聞の文字ではありませんでした。このため、字の非常に細かい部分で毎日新聞との違いがありました。今回の電子書籍版は、全て毎日新聞のフォントです。そういう意味ではようやく真の「毎日新聞用字用語集」が出せたといえるでしょう。ご利用いただければ幸いです。
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から