読めますか? テーマは〈晩秋の空気〉です。

スポンサーリンク

身に入む

答え
みにしむ
(正解率 87%)

秋の冷気が痛切に感じられること。一般的には「身に染(沁)みる」だが季語としては主に「入」が使われる。藤原俊成の「夕されば野辺の秋風身にしみて鶉(うずら)鳴くなり深草の里」から生まれた季語という。「艶夢より覚めて身に入むわが齢」(鷹羽狩行)

(2013年11月05日)

選択肢と回答割合

みにくるむ 5%
みにしむ 87%
みにすむ 8%


漸寒

答え
ややさむ
(正解率 20%)

少し寒いこと。「稍寒」とも書く。稍は常用漢字ではないが、競馬ファンには馬場の稍重(ややおも)でおなじみの字だ。漸は常用漢字だが、音読みのゼンしか認められていない。なお公開中の映画「劇場版SPEC~結(クローズ)~」の前編は「漸ノ篇」と銘打たれている。

(2013年11月06日)

選択肢と回答割合

ざんかん 40%
ぜんかん 40%
ややさむ 20%


爽秋

答え
そうしゅう
(正解率 79%)

空気が爽やかで気持ちのいい秋のこと。「爽秋の候」などと手紙のあいさつに用いる。本日7日が立冬なので、今年はもう使わない方がよい。「爽やか」は秋の季語。なお爽の字の部首は「爻(こう)」。「劇場版SPEC~結(クローズ)~」の後編「爻ノ篇」に使われている。

(2013年11月07日)

選択肢と回答割合

さっしゅう 19%
さわあき 2%
そうしゅう 79%


冷まじ

答え
すさまじ
(正解率 47%)

ひえびえとすること。本来は、興ざめ、殺風景を表す言葉だったが、季語としては「涼しい」と「寒い」の間を指す言葉として使われる。「凄まじい」と同源だが、今は別の言葉のようになっている。「一つ家に捨て魔保存魔冷まじや」(石塚友二)

(2013年11月08日)

選択肢と回答割合

さめまじ 25%
すさまじ 47%
ひえまじ 28%


◇結果とテーマの解説

(2013年11月17日)

この週は「晩秋の空気」。季語から取りましたが、途中で「立冬」となってしまいました。まあ「暦の上では」11月7日以降「冬」ですが、まだ気分は晩秋という方が多いでしょうから、ご容赦を。

今回最も正解率が低かったのは「漸寒」。この季語を知らなければ、漢字2字なので漢語の熟語と思っても無理からぬところです。それはいいのですが、面白いのは「ざんかん」と「ぜんかん」が同率になったことです。以前「漸次」を出題したところ、「ぜんじ」の正解率は30%で、「ざんじ」と答えた人は69%でした。つくりの「斬」に引きずられるせいでしょうが「ざん」と読む人はまだまだ多いようです。ただし同率にまで「進歩」したのは、もしかしたら「劇場版SPEC~結(クローズ)~漸ノ篇」が公開中だからでしょうか。関係ないか。

その映画の後編が「爻(こう)ノ篇」。見たこともない字だと思った方も多いでしょうね。実は当初「爻」で出題しようかと思っていたのですが、この字は単独で使われることがほとんどないけれど、部首として「爽」を形成することを知って、方針転換しました。「爽秋」は最も読みやすいだろうと予想していましたが、「さっしゅう」という答えが思いの外、少なくありませんでした。「爽快」「颯爽」だと簡単なのでしょうが、あまり見かけない組み合わせだと難易度が上がるようです。

なお「爻」はバツが二つで「爽」は四つ。なんだかダメダメな印象を持ちますが、「部首ときあかし辞典」(円満字二郎、研究社)によると「爻」は「①細長いものを組み合わせた形②明るく輝く、鮮やかで美しい」という意味をもつ部首なので、決して悪い感じではないようです。

「爽秋」を上回って最も正解率が高かったのは「身に入む」。「入む」を「しむ」と読ませることがそんなに知られているとは思えないので、テーマと選択肢から類推されたのではないでしょうか。けっこう苦心して誤りの選択肢をひねり出したのですが……。

「冷まじ」も選択肢設定に悩んだのですが、あまりいいのが思いつかず、まあこれでいいやと出題。結果的に50%以下となりました。解説に記した俳句「一つ家に捨て魔保存魔冷まじや」(石塚友二)は個人的に「まるで我が家だ」と思って引きました。断捨離大好きの「捨て魔」と、捨てられない・整理できない「保存魔」の間にひんやりとしたすきま風が吹くという句ですね。「冷まじ」ならまだいいのですが「凄まじ」に関係が悪化しないよう、せいぜい年末に向け物を整理しなければ、と思ってはいる出題者でした。
スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から