読めますか? テーマは〈線香の原料〉です。

スポンサーリンク

栴檀

答え
せんだん
(正解率 71%)

中国ではビャクダン科の常緑高木だが、日本でセンダン科の落葉樹を指す。線香に用いるのはビャクダン。ことわざ「栴檀は双葉より芳し」は、発芽した頃から早くも香気を放つことから、子供の時から優れていることを表す。

(2013年03月18日)

選択肢と回答割合

さいだん 7%
せんだん 71%
びゃくだん 21%


伽羅

答え
きゃら
(正解率 83%)

ジンチョウゲ科の木からとれる香木「沈香(じんこう)」の最上級のもの。香道でも使われるが、むしろ食べ物のキャラブキで有名だろう。伽羅色(濃い茶色)にフキを煮詰めることから。

(2013年03月19日)

選択肢と回答割合

がら 5%
がらん 12%
きゃら 83%


丁子

答え
ちょうじ
(正解率 73%)

フトモモ科の植物。丁字とも書く。つぼみが釘(くぎ)の形に似ることからの字。つぼみを乾燥させたものが、スパイスとして使われるクローブだ。なお「ていし」と読むとオタマジャクシのことになる。

(2013年03月21日)

選択肢と回答割合

ちょうじ 73%
ていじ 13%
でいご 14%


茴香

答え
ういきょう
(正解率 76%)

セリ科の植物。若い葉や種はハーブやスパイスとしてピクルスの香りつけなどに利用され「フェンネル」と呼ばれる。茴香の字は口臭を元通りにしてくれるので、回に草冠をつけてできたという。モクレン科で「八角」とも呼ばれる「大茴香(だいういきょう)」と区別し「小茴香」ともいう。ともに線香の原料になる。

(2013年03月22日)

選択肢と回答割合

ういきょう 76%
かいきょう 9%
かいこう 15%


◇結果とテーマの解説

(2013年03月31日)

この週は「線香の原料」をテーマにしました。お彼岸を意識したものです。

正解率は71~83%と割合いい方で接近した数字が並んでいます。いずれも日常生活で目にする機会はあまりない字のはずですが、どこかで見聞きした記憶が残っているのでしょうか。

「伽羅」は最も正解率が高くなりました。ところで、出題者が好きな作家に「虚無への供物」が代表作の中井英夫という人がいました。1993年没なのでもう20年になるんだなあ。「香りへの旅」という実用書ならぬ「虚用書」があり(創元ライブラリ「中井英夫全集11」所収)、香道の体験記で伽羅についての印象を詩のように記しています。

――伽羅。それは、ある甘酸っぱさ。仄(ほの)かでありながら芯の勁(つよ)いもの。

この本には美しいカラー写真がふんだんに添えられ、「香りの原料」というページには伽羅のほか、この週で取り上げた茴香、丁子の写真もあります。また「白檀」もありますが、これは日本で「栴檀」と誤認されたものです。日本でセンダンとされるのは楝(おうち)=写真=とのことですが、これも難読ですね。栴檀はいかにも難しい字で、実際今回最も数字が低くなりました。ただ「栴檀は双葉より芳し」ということわざを知っていれば答えられたと思います。

さて、「中井英夫全集11」の解説で作家の森真沙子さんが「香りへの旅」について「本書には〝匂い〟という言葉がほとんど出てこない」と指摘して、匂いと香りについての重要な考察を行っています。

――匂いにはなく、〝香り〟にあるもの。それはあくなき憧れ、果てまで行かんとする底知れぬ欲望、言ってみればある種の狂気ではないだろうか。

作家らしい情念に基づく直観です。これに対し、言語学者として「匂いと香り」の違いを説明しているのが堀井令以知さんの「ことばの由来」(岩波新書)です。「匂う」は元来、色が美しく映えること。万葉集に「咲きにほえるは桜花かも」とあるのは桜が美しく輝くことを表しました。「香る」の方は、元は煙や霧が漂うことだったということで、

――物の気が漂うことから、香気を感じることをいうようになったのである。

と堀井さんは記します。物の気。狂気。作家の直観と学者の分析がここで結びつきます。

なお、堀井さんはつい先日(3月10日)、亡くなりました。亡くなった人は四十九日まで線香の香りを食すといいます。堀井さんがいま味わっているのは、やはり物の気としての香りでしょうか。
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から