読めますか? テーマは〈桃の節句〉です。

スポンサーリンク

雪洞

答え
ぼんぼり
(正解率 46%)

小型のあんどん。童謡「うれしいひな祭り」の「あかりをつけましょぼんぼりに」で有名。ひな飾りは宮中の婚礼を模したものだが、昔の婚礼は夜に行われたという。そういえば婚の字には日暮れを意味する「昏」が含まれる。

(2013年02月25日)

選択肢と回答割合

あんどん 5%
かまくら 50%
ぼんぼり 46%


古今雛

答え
こきんびな
(正解率 72%)

ひな人形の一種。江戸後期、当時の様式と古代びなを折衷させたもの。後のひな人形の主な様式になったとされる。古今東西は「ここん」だが、古今和歌集などは「こきん」。キンは平安時代ごろには正式とされていた読みという。

(2013年02月26日)

選択肢と回答割合

こきんびな 72%
ここんびな 25%
ふるいまびな 3%


答え
はまぐり
(正解率 94%)

貝殻がぴったり合うことから良縁に通じるとされ、ひな祭りに食べられるようになった。なお「ぐれる」という非行を表す俗語はハマとグリを逆にした「ぐりはま」(食い違うこと)からきたという。

(2013年02月27日)

選択肢と回答割合

あさり 5%
あわせ 1%
はまぐり 94%


形代

答え
かたしろ
(正解率 76%)

みそぎなどに使われる人形(ひとがた)。紙などで作った人形を川に流して厄を払う昔の風習が、ひな人形を飾る行事へと変わったといわれる。

(2013年02月28日)

選択肢と回答割合

かたしろ 76%
けいたい 9%
ぎょうだい 15%


賦する

答え
ふする
(正解率 81%)

漢詩などを作ること。昔の中国では、3月3日に「曲水の宴」があった。小川にうかべた杯が流れ着く前に詩を賦すという遊びだ。王羲之の「蘭亭序」はこの宴の様子を書いたもの。東京国立博物館での「書聖 王羲之」展は3月3日まで。

(2013年03月01日)

選択肢と回答割合

かっする 7%
とする 12%
ふする 81%


◇結果とテーマの解説

(2013年03月10日)

この週のテーマは「桃の節句」でした。

最も正解率の低かったのは「雪洞」。出題者にはやや意外な結果です。テーマがヒントになって「あかりをつけましょぼんぼりに」という歌が浮かんでくれば、あてずっぽうでも正解できたはず。しかし、「語源海」(東京書籍)によると、著者の杉本つとむさんが学生に試問したところでは「かまくら」と読んだ者が少なくなかったそうです。雪洞の字面からはその連想の方が強く働くのでしょう。

さて、「あかりをつけましょ」の歌はサトウハチローの「うれしいひな祭り」の1番ですが、2番は「お内裏様とおひな様 二人ならんですまし顔」。この使い方は間違いだという話を聞いたことはありますか。「お内裏様」は男(お)びな、女(め)びな一対のものを指すのに、この歌は男びなだけという誤解に基づいた歌詞だと。その誤解が毎年流れることでさらに誤解を生んでいると。

確かに、どの辞書を見ても「お内裏様=内裏びな」は「天皇、皇后の姿に似せた男女ひとそろいのひな人形」などと書かれています。内裏びなを男びな限定とする定義は見つかりませんでした。それどころか、これは昨秋改訂されたばかりの「大辞泉」(小学館)の注釈ですが、「男性の人形のみを指して『内裏』『お内裏様』と呼ぶのは誤り」と明記する辞書もありました。

実は、この漢字クイズでも以前「内裏」の解説で「天皇の御殿のこと。天皇その人も表す。そして天皇をかたどったひな人形が『お内裏様』」と書いてしまいました。これは内裏→天皇→男びなという流れの文脈であり、サトウハチロー的な解釈でもよいのではないかと、出題当時軽く考えていました。しかしその後、大辞泉のように明確に「誤り」とする辞書も現れるに至り、安易にその解釈で書くのは軽率だったと反省しております。ただ、では男びなの丁寧な言い方は何でしょう。「男びな様」とはあまり言いませんよね。お内裏様の誤解が生まれる素地は、こんなところにあるのかもしれません。

「古今雛」「形代」「賦する」はいずれも日常的に使用する語ではないはずですが、正解率はなかなかのものでした。

最も数字の高かったのは「蛤」。常用漢字ではなくふだん片仮名で書かれることが多いのですが、回答者の皆さんには常識的だったようです。それはいいのですが、出題者が気になるのは、易しい問題だと参加者が減る傾向があることです。回答者の皆さんにとっては、自明の問題の場合は正解を知る必要がないのでクリックしないのかもしれませんが、出題者は「この字はほとんどの人が読める」というデータを得ることも意図としています。手前勝手な言い方かもしれませんが、解説には話の種になるような情報を極力盛り込むようにしていますので、簡単な問題でも回答して解説を読んでいただければ幸いです。もちろん、今後は不適切な語釈を出さぬよう気をつけますから……。

スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から