読めますか? テーマは〈寒の字が入る地名〉です。

スポンサーリンク

別寒辺牛

答え
べかんべうし
(正解率 41%)

北海道南東部の厚岸(あっけし)町にある地名。オオハクチョウの飛来地、またタンチョウの繁殖地として知られる別寒辺牛湿原は、厚岸湖と共に93年、ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)に登録された。

(2013年01月15日)

選択肢と回答割合

べさべこ 30%
べかんべうし 41%
べっさむべし 29%


寒河江

答え
さがえ
(正解率 64%)

山形県のほぼ中央にある市名。サクランボで有名で、同市のキャラクター「チェリン」もサクランボの妖精をイメージしている。滋賀県彦根市の「ひこにゃん」に「今年も遊ぼうね」と年賀状を出したという。ちなみにJR寒河江駅を通る左沢(あてらざわ)線も難読だ。

(2013年01月16日)

選択肢と回答割合

かがえ 18%
さがえ 64%
さむがえ 18%


寒井

答え
さぶい
(正解率 48%)

栃木県大田原市にある地名。那珂川沿いに位置しており、アユやウグイなど川魚で知られる。三島神社の境内には県指定天然記念物のイチョウがある。幹から乳房のようなものが垂れ下がり、授乳祈願の対象となったそうだ。

(2013年01月17日)

選択肢と回答割合

さぶい 48%
さみい 15%
さんがい 37%


和寒

答え
わっさむ
(正解率 59%)

北海道の内陸部で、冬の寒さが特に厳しい上川地方北部の町名。北海道にはアイヌ語由来の地名が多いが、和寒の場合は「ニレの木のそば」の意味だったという。比布町(ぴっぷちょう)との境に、三浦綾子の小説で有名な塩狩峠がある。

(2013年01月18日)

選択肢と回答割合

わさむ 14%
わっかん 27%
わっさむ 59%


◇結果とテーマの解説

(2013年01月27日)

この週は、二十四節気の「大寒」(1月20日)と近かったこともあり、「寒」の字を含んだ難読地名ということで出題しました。

結果的に東日本・北海道に偏ってしまったのですが、他にも岐阜県や大分県などの地名を出題候補に入れていました。つまり「寒」の字の付く地名は全国的にあるのです。なぜか「暑」の字にはそれほどの広がりがありません。

「別寒別牛」「和寒」は、どちらも北海道の地名です。しかし出題者が北海道出身で、道内の地名についてはそこそこ知識があるため、さじ加減には少々悩みました。両者を比較すると、別寒別牛が3割・4割・3割でほぼ3等分という結果になったのに対し、和寒の正解率は約6割。やはり、自治体の名前になっている方が、目にする頻度も高くなるものなのかもしれません。

ところで、毎日新聞の紙面上では別寒別牛の解説に「タンチョウヅルの繁殖地として知られる」と書いたのですが、読者の鳥類愛好家の方から、正式な和名は「タンチョウ」だというご指摘を頂きました。辞書の見出し語で「タンチョウ」となっていることは承知していましたが、説明部分で「丹頂づる」と付記されており、「タンチョウ」だけより分かりやすいかなと思って、紙面ではあえて「タンチョウヅル」としました。微妙な判断が要求されましたが、結果的には「タンチョウ」と正式に書く方が無難だったといわざるを得ません。ネット用の解説は初めから「タンチョウ」としました。なお「丹鳥」と書くと「ホタルの異名」という意味だそうです。

「寒井」は、高くもなく低くもなく、といったところでしょうか。誤択の回答率の割れ方を見ると、「ひねった読み方のはずだと思いきや、実はそれほどでもなかった」という感じで間違われた方が多かったのかもしれません。ちなみに、かつて外相を務めた「みんなの党」代表の父親、故・渡辺美智雄氏は現在の栃木県大田原市の出身で、寒井小学校を卒業されたとのことです。

今回、最も正解率が高かったのは「寒河江」でした。解説で触れた市のイメージキャラクターの「チェリン」は、「ゆるキャラグランプリ2012」で880キャラ中111位と健闘しています(蛇足ながら「ゆるキャラ」は商標登録されています)。今後、さらに上位を目指して、寒河江市ともども一層の知名度アップを期待したいですね。

では、寒さに負けず頑張りましょう。
スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から