読めますか? テーマは〈梅雨時の花〉です。

スポンサーリンク

沢瀉

答え
おもだか
(正解率 66%)

水田や沼に自生する水草。6~7月に白い3弁の花を咲かせる。「沢瀉屋」は先日襲名披露があった歌舞伎の市川猿之助さんらの屋号だ。

(2012年06月11日)

選択肢と回答割合

おもたが 15%
おもだか 66%
さわがた 20%


杜若

答え
かきつばた
(正解率 82%)

「燕子花」とも書く。水中や水辺に自生。5~6月に紫の花が咲く。染料に用いたことから「書きつけ花」が転じた和名という。「いずれアヤメかカキツバタ」といわれるように、アヤメとよく似ている。

(2012年06月12日)

選択肢と回答割合

あやめ 8%
かきつばた 82%
とちわか 11%


石榴

答え
ざくろ
(正解率 77%)

「柘榴」とも書く。6~7月に鮮やかな朱紅色の花を咲かせる。江戸川乱歩に「石榴」という小説がある。なお「榴岡(つつじがおか)公園」は仙台市にある公園。ツツジは漢字では「躑躅」だが……。

(2012年06月13日)

選択肢と回答割合

しゃくなげ 19%
ざくろ 77%
つつじ 4%


額の花

答え
がくのはな
(正解率 40%)

ガクアジサイのこと。アジサイはガクアジサイを改良したもの。4弁の花びらに見えるのは萼(がく)で、多数の小さな花を囲っている。アジサイは華やかだが控えめなガクアジサイも美しい。

(2012年06月14日)

選択肢と回答割合

がくのはな 40%
ぬかのはな 53%
ひたいのはな 7%


未央柳

答え
びようやなぎ
(正解率 19%)

「美容柳」とも書き「美女柳」ともいう。6~7月に黄色の花を咲かせる。たくさんのおしべが伸びているのが特徴。「雨滴溜め未央柳の長睫毛」(冨山青沂=とみやま・せいき)

(2012年06月15日)

選択肢と回答割合

びようやなぎ 19%
みおやなぎ 57%
みょうやなぎ 24%


◇結果とテーマの解説

(2012年06月24日)

この週は「梅雨時の花」がテーマ。

梅雨時の花の代表格は何といってもアジサイでしょう。でもこの漢字クイズの問題としては「紫陽花」は易しすぎると判断し、変化球の「額の花」=写真上=で出題してみました。俳句では「額紫陽花」は長すぎるためか「額の花」が好まれます。しかし結果をみる限り、あまり知られていないようです。

「沢瀉」の読みは歌舞伎ファンの方には常識でしょうが、市川猿之助襲名のニュースで出てきたこともあり、この週のトップバッターに選びました。ところで毎日新聞などは屋号を「澤瀉屋」と旧字体で表記していました。ところが、一説に澤のつくりは「手錠をはめられた人を見る様子」を表す字だそうです。もちろん字そのものに罪はありませんがね。

「杜若」はアヤメ、ハナショウブと間違えやすい花です。たとえば6月24日まで千葉県香取市で開かれている「水郷佐原あやめ祭り」は、実際にはハナショウブが中心です。ただし、漢字の読みとしてはそれほどまぎらわしくなかったようです。

「石榴」は呉音「しゃくる」が転じて「ざくろ」になったようです。誤答例「しゃくなげ」は「石楠花」などと書きます。

今回最も正解率が低かった「未央柳」。出題者の家で今を盛りと咲いています=写真下。これのどこが「柳」なのか不明で、一説に葉が似ているからといいますが、そうでしょうかねえ。

花の漢字表記には情緒があり俳句や歌などで好まれますが、読めるという前提があってこそ使うべきであり、そうでなければ乱用は避けたいものです。とはいうものの、美しい花を見るだけでなくその名前と漢字を知っていると、なんとなく人生が豊かになるような気がしませんか? この漢字クイズではこれからも折に触れて、動植物の漢字を取り上げていきたいと思います。

春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から