読めますか? テーマは〈墓参り〉です。

スポンサーリンク

彼岸の中日

答え
ひがんのちゅうにち
(正解率 85%)

彼岸7日間の真ん中の日。春は春分の日で、今年は3月20日。昼と夜の長さが同じになるなどといわれるが、実際には昼の方が長い。なお大相撲の中日は「なかび」と読む。

(2012年03月19日)

選択肢と回答割合

ひがんのちゅうじつ 8%
ひがんのちゅうにち 85%
ひがんのなかび 8%


供花

答え
くげ
(正解率 51%)

「きょうか」とも読み、「供華」とも書く。仏や死者に花を手向けること。供、花の音読みのうちキョウ、カは漢音、ク、ケは呉音。呉音は仏教関係に多い。

(2012年03月21日)

選択肢と回答割合

くうか 22%
くげ 51%
ともばな 27%


答え
しきみ
(正解率 73%)

仏事に使われ、墓場などに植えられる木。「木へんに佛」の字もある。芳香があり線香、抹香の原料になる。実には毒もあり、動物に荒らされるのを防ぐために墓地に植えたといわれる。「樒の花」は春の季語。

(2012年03月22日)

選択肢と回答割合

さかき 15%
しきみ 73%
しどみ 12%


倶会一処

答え
くえいっしょ
(正解率 69%)

死後、浄土で一つの所に暮らすという仏教語。死ぬ時は別々でも浄土で再び会えるという意味がこめられている。浄土宗や浄土真宗の墓石に刻まれることが多い。

(2012年03月23日)

選択肢と回答割合

ぐあいいっしょ 8%
くえいっしょ 69%
くがいいっしょ 22%


◇結果とテーマの解説

(2012年03月31日)

この週のテーマは春分の日にちなみ「墓参り」でした。
まず「彼岸の中日」。さすがに正解率は高かったですね。でも身近に間違えている人はいませんか。出題者の家人は「ちゅうじつ」と読んでいました。

「供花」。普通「きょうか」と読むと思うのですが、それ以外の読みを問うた意地悪問題です。この週で一番正解率が低い結果になりました。

「樒」。難読と思われた割には正解率は高めでした。意外に有名なのか、単に消去法の結果なのかはわかりかねます。

「倶会一処」。「会」の読みで若干ばらけました。この言葉を知らなくても彼岸会、法会などとの連想が働けば正解できたかもしれません。ちなみに、堀田善衛の原爆がテーマの小説「審判」にはこの言葉が印象的な形で使われています。広島の墓の多くに「倶会一処」と刻まれているとあり、「クエイッショ」という片仮名が呪文のように繰り返されます。

では、また漢字の世界でともに会いましょう。
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から